卒業生からのメッセージ

平成31年3月に卒業したみなさんからのメッセージです。 🍀R元.6.3UP

看護師に興味がある方へ

Yくん

 私には中学卒業のあたりから看護師になりたいという漠然とした夢がありました。しかし、看護師の役割はテレビなどでしか見てこなかったため、高校では看護体験やボランティア等に参加してきました。看護体験に参加することで看護師への具体的なイメージを持つことができます。また、その時の印象は看護専門学校に入学して以降も忘れることはありません。男性看護師も少しずつ増えてきているので、男性で看護に興味のある方はぜひ看護体験に参加してみてください。興味があったら、いざ行動です!

入学を希望される方へ

Sさん(高校生の皆さんへ)

 私は鶴岡市以外の出身者のため、3年間一人暮らしをしていました。一人暮らしと実習の両立は不安でしたが、教員とクラスメイトのサポートや同じ一人暮らしの友人との支え合いのおかげで、楽しく3年間を過ごすことができました。入学希望者の皆さんの中で不安を抱いている方もいると思いますが、家族のように周りの人たちが支えてくれるので、荘看は安心できる学校だと思います。

Hさん(社会人の皆さんへ) H30年3月卒:再掲

 勉強するという環境から離れていた分、新しい環境についていけるのかという不安はありましたが、一人ひとりに親身になってくれる先生方の存在は心強く、安心して3年間過ごすことができました。また、かわいい仲間たちと支えあって過ごした3年間はとても充実していました。新しいことを始めるというのは不安も大きく勇気のいることだと思います。でも、今となってはあの時決断して良かったと心から思います。皆さんの入学をお待ちしています。

3年間をふりかえって

Hさん

 荘看で過ごした3年間は、日々充実しており、看護師になるための土台をしっかりと固めることができるものであったと振り返り思います。決して楽しいことばかりではなく、辛かったこと、苦しかったことなど自分の弱みと向き合わなければならないことも多々ありました。しかし、私はこの学校に入学し、多くの人々と出会い、仲間とともに支え合いながら学びを深め、看護の楽しさを実感することができました。私は温かくてアットホームな荘看が大好きです。荘看で看護を学ぶことができたことを誇りに思います。

就職・進学にあたって

Nさん

 1年次より定期的に進路希望調査を行っているため、自分の将来について考える機会が多くあります。学生担当の先生を中心に、とても親身に進路相談にのってくださり、学生の意見を尊重した手厚いサポート体制が整っています。年々就職活動の時期が早くなってきていますが、温かく心強い支えのおかげで安心して就職活動をすることができました。また、卒業生から直接話を聞く機会もあり、自分が目指す就職先のイメージを固めやすいのも特徴の一つです。先生方をはじめ、卒業生を含む先輩方など、学校全体で就職をバックアップしてくれます。

Sさん

 私は入学時から大学編入を目標にしていたので、1年生の時から個別面談の際には受験校の検討から勉強まで、たくさんアドバイスをしていただきました。先生方の中には看護師だけでなく、助産師や保健師の資格をもつ方もらっしゃるため、相談によって実際の仕事や進学してからの学習についてなどイメージすることがでできました。就職する同級生が大多数ではありますが、進学においても手厚いサポートを受けることができました。感謝しています。

ページの先頭へ